鼻毛の処理をする際に気をつけるべきことについて

鼻毛の処理で最も手っ取り早い方法は手で抜くことです。

しかし、この方法はあまり望ましいものではありません。

何故かと言えば、鼻腔内は最近が繁殖しやすい環境なので、抜いた後の毛穴にばい菌が入り込んで化膿することがあるからです。

これを毛嚢炎と言います。

更に、鼻は脳と近いので、影響が脳にまで及び死に至る可能性すらあるのです。

そのため、鼻毛の処理をするのであれば抜くのではなく、根本から切断するという方法が望ましいです。

最近では鼻毛切り専用のカッターなども多く出回っているため、無理なく除毛をすることができます。
 

手で抜かずに専用の器具でして下さい


鼻毛が出ているのを見るとこちらの方までが恥ずかしくなりますが、皆さんその処理には抜くか切るかをされています。

しかし抜くという行為は感心できず、毛を抜きますとその毛根から細菌が入りやすくなって、化膿することが有ります。

そもそも鼻毛は空気と一緒に塵や埃、雑菌などが体内に入り込まないようにフィルターの役目をしていますので、できれば鼻の穴から出ている部分だけをハサミなどで切るようにし、特に気になる毛だけを専用の器具を使って根元から切って下さい。

くれぐれも全部を根元から切らないように、フィルターの役目をしなくなってしまいます

 

乱暴な処理は実は危険なのです


鼻毛を抜くと痛いですね。

でも、痛いなあと思いながら、丁寧に処理するのが面倒臭く、また、「どうせ生えてくるのだからいっそのこと」と、そのまま出て抜いてしまいがちですが、それはあまり好ましいことではないようです。

鼻の粘膜は非常に繊細にできていますから、手で抜いてしまうとその部分は必ず傷つきます。

それだけなら放っておけば治りますからいいのですが、その傷ついた部分から、バイキンやウィルスなんてものが侵入したらと思うとちょっとこわいです。

実際、鼻の当たりには、かなり繊細で大切な器官が揃っています。

できれば丁寧に処置したいところです。

 

安全な鼻毛処理方法


ほっておくとドンドン伸びるのが鼻毛です。

思わず、手で抜くことがあるものですが、引っ張り過ぎて血を出してしまうことがあります。

鼻毛処理としては、1)手で抜く他に、2)カッターで処理をする、3)ハサミで切るなどの方法があります。

しかし、不思議なことに脱毛サロンが少ないことに気がつきます。

それは、鼻の穴は非常にデリケートな場所で、脱毛をすることにより粘膜を傷つけたり、炎症を起こす危険性がある場所だからです。

有効な処理法としては、こまめに手入れをすることですが、引っ張って手で抜くことは、炎症を起こす可能性がありますので、非常に危険です。

カットをする場合、根本からやらずにある程度残した状態で、カットをします。

根本からカットをしますと、周りを傷つけてしまいます。

器具も鼻毛専用の物を使用すれば、安全です。